忍者ブログ
[351] [350] [349] [348] [347] [346] [345] [344] [343] [342] [341]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

index.jpg
















久しぶりに映画を見てきました。

フランスのダルデンヌ兄弟監督による
少年と自転車』という映画です。



---

<あらすじ (Bunkamura ラインナップより抜粋)>

もうすぐ12歳になる少年シリル。

彼の願いは、自分を児童相談所へ
預けた父親を見つけ出し、再び一緒に
暮らすこと。

ある日、シリルは美容師のサマンサと
出会い、里親になることを頼み込む。

サマンサとのふれあいのなかで、すさんだ
シリルの心も変化し始める。

人と人がつながることから生まれる、
ささやかな希望を綿密に描き出した
『大きな愛の物語』-

---

この映画は、第64回カンヌ国際映画祭で
グランプリをとりました。

よって、映画評論家の方々が好む内容です。
あまり人には薦められません。

一言で表すと、「内容が重過ぎる」のです。



自分の感想を述べると、この映画は人生に
おける『選択と決断』です。

主人公の少年を含め登場人物達は、様々な
場面で選択を迫られ、決断します。

その判断は、往々にして過去の経験や利害
関係を考慮したものではありません。

全て、その人の直感によってなされていきます。


自分もこれまで、人生の上で重要な選択を
決断してきました。

今振り返ってみると、とんでもなくテキトーな
決断の多いことか。


けれど、2年前自転車(ロードバイク)を購入
したのは、ベストな決断でした。

週末に自宅PCの前に座る時間が短くなり、
よく外出するようになりました。


自転車は、速度が速いほど安定します。
停まっている時が一番不安定です(よく倒れる

人間も行動していれば、その結果がどうであれ、
安定・前進するのだと思いました。


***

やはり、自転車オチにもっていってしまいました。

映画館の観客は、映画好きな老夫婦の方や、
若いカップルが多かったです。

うーん、自分とこの映画を見てくれる優しく・料理上手な
新垣 結衣似のパートナーはいつ現れるか(笑

もっと、積極的に行動しないとイカンだろうなぁ。


 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
tokaino
性別:
男性
趣味:
自転車、ランニング、絵を描くこと
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
最新コメント
[02/12 kenn]
[07/31 ありんこ]
[07/18 ありんこ]
[07/17 ありんこ]
[06/26 ありんこ]
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © まったりな日々 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]