忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ∧∧  
(,,゚Д゚)    檜原村の山~

檜原村方面約12.6km、5時間40分の
山登りをしてきました。


【コース】
藤倉バス停    8:30
小林家住宅  9:07
小河内峠   10:16
惣岳山    11:32
御前山    13:35
小沢バス停  14:10


藤倉バス停から降りて、いつもの
藤倉マップを確認。

看板では小河内峠、位置的には
小林家住宅(重要文化財)を
目指して進みます。




春日神社で安全祈願。
隣の杉が大きい。




その近くに藤倉小学校跡。
この小学校はいつまで使われて
いたのだろう。




この分岐は迷いましたが、
旧小林家住宅へ。
※小林家住宅の裏手からも
 小河内峠へ行けます


舗装された道を進んで、
小林家住宅に到着。

檜原村HPによれば、
小林家は檜原村最古!の民家で
標高750mにあるとのこと。

自分が訪れた際は、見学時間外で
誰もいませんでした(w


裏手には惣角沢に繋がっているモノレールがありました。
ちなみに乗るには事前予約が必要(パンフレットより






マイナーなルートなので、誰一人
登山者とすれ違いません。

静かな冬の山です。

***

突然ですが、忍者ブログシステムから

「ファイル容量が足りません」

の表示により、画像がアップロード
できなくなってしまいました(w

途中で大変申し訳ないのですが、続きは
別ブログに書きます。

PR
 ∧∧  
(,,゚Д゚)    冬山探索~

奥多摩方面約16km、5時間14分の
山登りをしてきました。


【コース】
峰谷バス停      8:21
奥集落        9:00
鷹ノ巣避難小屋  10:28
鷹ノ巣山     10:55
水根バス停    13:35


太陽が昇ってくるまで、とても寒い。
体感5、6℃くらい。




奥集落のビュースポット。
近くにサルを見かけました。


鷹ノ巣山登山口の急登。
道が分かりにくかったです。




少し登ると、浅間神社。





 
浅間神社を過ぎた後の登山道で
踏み跡を見失いました。

この赤い印のポール(用地境界目標)を
目安に登りました。

この道を切り開いていくような感覚が
登山の魅力の一つなのかもしれない。


尾根道に出ると、こんなところに
キノコの原木栽培場が(w




標高が高くなると、木が低くなりますね。


10時28分、鷹ノ巣山避難小屋に到着。
ここで少し小休止。




山頂までの風の強い尾根道を進んで、




鷹ノ巣山山頂。
風が強く、少し山頂に座ったら
体が芯まで冷えました。




石尾根を少し下り、水根方面へ。






水根沢谷の狭い道を抜けて、


水根バス停に出ました。

***

トレッキングポールと
携帯コンロが物凄く
欲しくなりました(w
 ∧∧  
(,,゚Д゚)    行くぜ、冬山!

秋川渓谷方面約13km、5時間の
山登りをしてきました。
 


【コース】
仲の平バス停  8:10
西原峠      9:14
槇寄山      9:18 
数馬峠      9:58

笛吹峠    10:27 
丸山     10:41
土俵岳    11:19
日原峠    11:34
浅間峠    12:33
上川乗バス停 13:10


仲の平バス停で降り、少し都民の森方面へ
歩きます。
ちなみに、バス代は940円と高め。


途中で、自販機と小さな祠を通り過ぎ、


民家横の細い道が槇寄山(まきよせやま)
登山口。




2、3cm新雪を踏みしめて
登っていきます。

仲の平⇒西原峠に出てから、5分ほど都民の森
方面へ進むと、


槇寄山から、富士山がはっきり
見えました。

Uターンして、数馬峠を目指します。


笹尾根を早足で歩きます。


尾根は風の通り道で、
鼻水垂れまくりでした。


色々な場所から富士山を拝めました。
笹尾根は全体的に眺望が良かったです。




数馬峠の景色。
遠くに山梨県側の街が見えました。




雪道に野生動物の足跡。


笹が茂っている箇所がありました。
だから笹尾根なのか(w


所々、山頂付近の木々が見晴を良くする
ためにごっそり伐採されていました。


防火用水がカチコチ。






浅間峠の巨木と東屋。
ここから登って、槇寄山でお昼の
プランも良いかも。

***

初めてのちょびっと雪山登山でした。
帰り道、トレランシューズが濡れて
足が冷えました。

本格的な登山靴も1足欲しくなりました(w

***

(冬山トレラン装備メモ)
快晴、7℃、風無し

首:ネックゲイター
上:アームカバー+半袖
  モンベルジップシャツ
  ウインドブレークジャケット
  薄いウインドブレーカ
下:靴下
  C3fitゲイター
  CW-Xランニングタイツ
  ハーフパンツ
手:ウインドブレークグローブ
 ∧∧  
(,,゚Д゚)    檜原村探索~

秋川渓谷方面約12km、3時間40分の
山登りをしてきました。


【コース】
数馬バス停    8:10
仲の平登山口   8:14
尾根道分岐    8:44
小岩浅間    10:14 
浅間嶺     10:30
峠の茶屋    11:03
払沢の滝バス停 11:50




仲の平バス停近くの登山口から
スタート。

※仲の平バス停と数馬バス停の
 中間地点にトイレがあります。


急斜面を30分登ると、




浅間尾根に出ました。
ここから、数馬あたりまで夏草の覆い茂る
極細道(ラン不可)でした。

浅間尾根登山口バス停から、浅間尾根に
出るのが正解です(w




浅間尾根は、大半が植林された杉林の
間の細い道でした。

視界が開けないので、若干爽快感に
欠けます。




ときどき景観ポイントがありました。




浅間尾根の見どころポイント、
「サル石」。

サルの手形があるらしいのだけれど、
さっぱり分からなかった(w




また、尾根沿いに小さな地蔵や石宮を
いくつか見かけました。




今回の一番の景観ポイント。
遠くに檜原村の天空集落が
見えました。


小岩浅間(景観無し)から少し進むと、


トイレ+円形広場に出ます。

この先に浅間嶺山頂碑と椅子テーブル付きの
休憩ポイントがありました。
天気が良ければ、お昼はそこで食べた方が
良いです(円形広場で食べてしまった




10時半、浅間嶺山頂碑着。
景観良しです。


ここからは、松生山へは行かず、時坂峠を
目指します。


途中、モミの巨木がありました。






沢が見えてくると、有名なそば処「みちこ」
の近くです。


大山衹神社にお参りして、


峠の茶屋前のベンチで最後の休憩。


浅間尾根道 (看板より抜粋)

~奥多摩の主稜線から風張峠でわかれ、東西にゆるやかな
 浅間尾根。
 以前は南・北両秋川沿いに住む人々の大切な生活道路でした。
 昭和の初め頃までは、檜原の主産物である木炭を積んだ
 牛馬が帰りには日用品を積んでこの道を通っていました。~

  ∧∧  
(,,゚Д゚)  へぇー ×3


無事、怪我無く縦走できました。

 ∧∧  天空の
(,,゚Д゚)    ランニングコース!

奥多摩方面約16km、6時間20分の
山登りをしてきました。


【コース】
東日原バス停      7:50
稲村岩         8:35
ヒルメシ食いのタワ  10:05
鷹ノ巣山       10:35
六ツ石山       11:55
奥多摩駅       14:15


久しぶりに晴れて良い天気です。

まず、自転車で来たときに気になって
いた稲村岩に登ります。


日原の集落を少し歩き、この看板から
鷹ノ巣山登山道へ。


日原川を渡り、




沢沿いを登って行きます。
登り始めの区間は、川苔山と似ています。


が、その区間はすぐに終わり、奥多摩名物の
連続急登(w

斜度はヌカザス山の方が上ですが、同じ景色を
淡々と登って行くので疲れました。




8時35分、稲村岩着。
警告文と雨上がりで岩がツルツルしており、
稲村岩先端はパス。






そして、雨上がり登山恒例のキノコ祭り。
一番上のキノコはメロンパンくらいの
大きさです(w




少し進むと温度が上がり、霧が立ち込めてきた。

鷹ノ巣山まで、ルート印(赤リボン)が少なく、
踏み跡や古い空き缶を見つけて慎重に進みました。




ヒルメシ食いのタワでおむすび補給。
今回のルートで湧水ポイントはありません
でした。

500mlペット×2では水が足らず、後半区間は
林道に出るまでほぼ歩くことに。




10時35分、鷹ノ巣山着。
東京都が建てた、立派な碑が
ありました。

雲の間から山々とポツリとある人家が
見えました。
ここは東京都なのかと思う風景。


この後、石尾根縦走路から奥多摩駅へ。




雲取山にも咲いていた、黄色い花。


途中、六ツ石山に立ち寄り。
ここにも立派な碑。




帰りの一時、霧の中へ。
ルートを間違えそうで怖かった。


秋か春にもう一度来たいです。

カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
tokaino
性別:
男性
趣味:
自転車、ランニング、絵を描くこと
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
最新コメント
[02/12 kenn]
[07/31 ありんこ]
[07/18 ありんこ]
[07/17 ありんこ]
[06/26 ありんこ]
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © まったりな日々 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]