忍者ブログ
[163] [162] [161] [160] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新米のメッセンジャーに、初めての
仕事が舞い込んだ。
「祖父母の家の網戸修理+道具輸送」
という緊急度の高い仕事である。

まず、大工道具(約3kg)を祖父母の
家に届ける。
リュックを背負ってロードバイクに乗る。
いつもは体ひとつなので、重く感じる。

祖父母の家まで電車+タクシーで
40分くらいだが、ロードバイクでも
それほど変わらない。


別便で網戸の網と周りを固定するゴム
が着き、さっそく網戸を修理する。
はずが、たいそうなおもてなしが待っていた(笑

高校野球の決勝戦が始まる頃、ようやく
作業を開始する。
網戸の「網を外す作業」、「網を取り付ける作業」
は合わせて20分くらいで終了した。

なんだ、意外と簡単じゃないか。


しかし、急遽もう一枚網戸を張り替える必要
があることが分かった。
網戸のパーツは1枚分しかない。
ここで、メッセンジャーの出番である。
近くの雑貨屋に網戸のパーツを買いに行く。

家の人や祖父母は、自分の迷子特性を
十分理解しているので、その場所の説明
に30分も時間をかけた。
実際は往復で20分くらいだった。

 ∧∧
(,,゚Д゚)   やればできるんです、自分も。


ただ、網戸の網がリュックから大幅にはみ
出てヘルメットに当っていた。
何でもスタイリッシュに行うことは難しい。

それから、雨戸修理や庭の水まきなど
雑多なことを行った。
以前は、それらを祖父がテキパキと
こなせていた。

少し寂しかった。


***


夕食にピザを食べて、多摩川の花火を見た。
花火は色や形のバリエーションが大幅に
進化していた。
昔はこんなに種類があったっけ。
その反面、時間は1時間半から1時間に短縮
されていた。
景気はまだまだよくないのだ。


多摩川の土手には多くの家族連れやカップル、
友達同士などでごったがえしていた。
そこは何年か前に見た花火大会となんら
変わっていない気がした。
けれど、そこに祖父母はいなかったし、参加した
自分の家族の数も大幅に少なくなっていた。


夜の土手は涼しかった。
夕闇にコウモリが飛んでいた。
小さい子がずっと走り周っていた。
蚊取り線香の匂いが懐かしかった。

花火がとてもきれいだった。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
tokaino
性別:
男性
趣味:
自転車、ランニング、絵を描くこと
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
最新コメント
[02/12 kenn]
[07/31 ありんこ]
[07/18 ありんこ]
[07/17 ありんこ]
[06/26 ありんこ]
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © まったりな日々 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]